ビットコインとはどんなもの

ビットコインとはどんなもの

ビットコインといえば、少し前に日本でも話題になりました。
お金なのかといえば、お金ではないので、仮想通貨、暗号通貨であると言われています。
これは日本円や米ドルといった、世界で流通しているいわゆる法定通貨ではなく、そもそも発行主体となる中央銀行が存在しません。
また、発行総量もあらかじめ決められています。
ただ、この暗号通貨を使って需要と供給が行われているということがすなわちお金のような役割を果たしていることになります。
アメリカでは、既にこの暗号通貨で食事が可能なお店もあるそうですので、決済手段として使われています。
また、これが投資手段として使われており、市場で取引され、その価値は通貨と同じように変化しているということです。
特に2013年初には10ドルほどだったビットコインの価値は2013年末には1000ドルを超えるほどに急騰したほどです。
これで取引が行われているので、投資対象として保有している方もいます。
この暗号通貨が実用性と投機性の側面を持ちながら、確実に広がっています。
ネットでビットコインがこれからはもっと増えていくのではないかと思います。
将来はさらにお金に近づいていくような気がしています。https://www.coin-portal.net/