かかりつけの薬局という位置づけです

かかりつけの薬局という位置づけです

病院の帰りに城南あさひ薬局でお薬を処方してもらいました。
私はめったに病院にかかることはないので、調剤薬局などもちょっと苦手なんです。
処方せんを提出してしばらくすると薬剤師さんに呼ばれて、この薬はジェネリック薬に置き換えることができるがどうしますかと聞かれました。
ジェネリックという言葉はよく聞きますが詳しくは分からないと答えると、ジェネリック薬について詳しく説明してくれました。
薬効が同じで安いのならそれに越したことはありませんよね。
なんだかすごく得した気分でした。
それ以来、市販の薬を買うときも城南あさひ薬局を利用するようになりました。
処方薬だけではなく、風邪薬などの市販薬についても副作用などの質問をすると丁寧に答えてくれて頼りになります。
最近は、薬の飲み合わせや日頃摂取しているサプリメントのことまで薬剤師さんに相談しています。
私にとっての城南あさひ薬局は、まるでかかりつけの薬局という位置づけです。