不妊治療に役立つ卵子凍結に注目

不妊治療に役立つ卵子凍結に注目

最近は晩婚化が進んでいることもあり、高齢出産も増えていますが、やはり加齢とともに妊娠は難しくなる傾向にあります。
男性、女性ともに、年齢を重ねるごとに不妊になりやすい傾向にありますが、特に女性の場合は卵子はとても大切な存在です。
若いころの卵子は健康で自然妊娠も得やすくなっていますが、卵子も少しずつ老化が進み30代も半ばになると急激に老化してくるとされています。
それゆえ、30代なかば、後半になると妊娠が難しくなってしまいますし、妊娠を得たとしても流産のリスクも高まってしまいますが、こうした場合に備えて卵子凍結も注目されています。
卵子凍結は若く健康な卵子を体外から取り出し、凍結保存することで将来の妊娠に備えるという方法です。
以前は海外に渡航して卵子を凍結保存する人もありましたが、今では国内で凍結保存が可能となり、より利用しやすくなりました。
卵子凍結に対応している医療機関はまだ多くはありませんが、こうした方法を利用すれば高齢になっても妊娠できる可能性が高まりますし染色体異常のリスクが防げる、結婚している人だけではなく未婚の人にも利用できるなど様々なメリットがあります。
凍結した卵子は妊娠を希望するときに解凍され、体外受精し体内に戻されていきます。
卵子凍結|赤坂レディースクリニック