潜水スーツの基本

潜水スーツの基本

潜水スーツには、大きく分けて二種類あります。
ドライスーツとウェットスーツです。
前者は内部に水が入らず、水温が低かったり水質汚濁が進んでいる場合の使用に適しています。
ドライスーツにも種類があり、水中での運動に優れているネオプレンスーツは、水温が高い場合は使いやすいとは言えません。
その反面、ルーズフィットに仕立てたシェルスーツは極寒から水温が高い時でも幅広く使えますが、ネオプレンスーツに比べて若干運動性が劣るという説もあります。
ファスナーの位置が前後で違うものあり、インナーも使用するスーツに応じて変えたほうがいいです。
ウェットスーツは内部に水が入るもので、海に行くとよく見かけるタイプの潜水スーツです。
スキューバダイビングやシュノーケリング、サーフィンなどの水上活動に幅広く使われています。
保温性に優れており、水を冷たく感じるのはほんの短時間です。
しかし、サイズに合わず密着性が失われるとその限りではありません。
用途やサイズをよく確認し、自分に合った潜水スーツを選びましょう。
http://xn--zckwa1o654uokd.com/